礼拝のご案内

第1礼拝 午前 9時~10時
第2礼拝 午前10時30分~12時

《礼拝について》

  主イエス・キリストが、日曜日の朝、復活されたことを記念して、教会では日曜日に礼拝をささげるようになりました。
  礼拝では、聖書のみ言葉と説教を通して神さまの語りかけを聴き、神さまの恵みに感謝して賛美と祈りをささげます。
  主イエス・キリストは、「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。(生き返らせてあげます)(聖書・マタイの福音書11章28節)と言って、私たちを招いてくださいました。私たちは、礼拝において、この主イエス・キリストのいのちにあずかり、喜びと平安をいただいて、新しい一週間へと歩み出すのです。
教会を知るには、礼拝に出席することがとても大切です。 礼拝はどなたでもご出席いただけます。 ぜひ、ご出席ください。
 

《ご案内とお願い》

今日は子どもたちと一緒の合同礼拝
・礼拝に必要な聖書・新聖歌は、貸し出し用のものが備えられ
 ています。
・礼拝堂の席は決まっておりませんので、前のほうからお座り
   ください。後から来る方のために、通路側付近にお座りにな
   らず、奥の方からお座りください。
・会堂内には案内者がおりますので、わからないことがありま
 したらお尋ねください。

《礼拝のプログラムについて》

礼拝は、受付でお渡しした週報に記されている礼拝プログラムに沿って行われますので、簡単にその意味をご紹介いたします。
 
奏楽 奏楽は、午前10時25分から5分間、オルガニストによって演奏されます。静かな祈りのうちに、礼拝をささげる心の準備をいたしましょう。 着席
賛美 まず、神さまを賛美いたします。 起立
主の祈り 主イエスが、このように祈るようにと教えてくださった祈りです。声を合わせて、一緒に祈ります。 起立
信仰告白
使徒信条
教会の信仰を簡潔に言い表した信仰告白です。一つ声となって言い表します。 着席
交読文 詩篇のみ言葉などを司会者と会衆が交互に読み交わします。 着席
頌栄
(しょうえい)
父・子・聖霊なる神の栄光をたたえる賛美です。 起立
聖書朗読 司会者が聖書のみ言葉を朗読します。その日の説教はこのみ言葉に基づいて語られます。 着席
祈祷 司会者が会衆を代表して祈ります。祈りの終わりに「アーメン」と唱和します。アーメンとは「真実です。本当です」という意味です。 着席
賛美 神を賛美し、説教に備えます。 着席
説教 聖書のみ言葉を通して、神の語りかけを聴きます。 着席
祈祷 説教者が会衆を代表して、説教に応えて祈ります。 着席
賛美 賛美をもって、み言葉に応答します。 着席
献金 献金は、日々の生活や礼拝における神さまの恵みに応える感謝と献身のしるしです。献金当番が袋を各席に回します。感謝をもっておささげしましょう。 着席
感謝祈祷 献金当番が、会衆を代表して感謝の祈りをささげます。 着席
頌栄 父・子・聖霊なる神を賛美いたします。 起立
祝祷 牧師が新しい一週間の歩みの上に、神の祝福があることを宣言し祈ります。神の祝福と力をいただいて、ここから再び世に遣わされて行きます。 起立
報告 週報の報告欄に基づいて報告がなされます。 着席
注:第1礼拝では、プログラムを変更する場合があります。
宗教法人日本ホーリネス教団
池の上キリスト教会
〒181-0011
東京都三鷹市井口3-15-6
TEL.0422-33-0018
FAX.0422-33-0061