私たちの教会

代沢時代
下落合時代
三鷹時代
  私たちの教会は、宗教改革によって生まれたプロテスタント(新教)の教会で、1960年11月20日、山根可弌(やまね よしいち)牧師(山根師は日本メソヂスト教会で信仰に導かれ、牧師となられました。)によって、単立池の上キリスト教会として世田谷区の池ノ上駅(井の頭線)の近くで始められました。 この日の、第一回礼拝に集まったのは、山根牧師夫妻ほか7名。 このとき、山根師60歳。還暦のお歳での新たな開拓伝道のスタートでした。 熱心な伝道が実を結び、まもなく礼拝の出席者も増えてくると、小さな礼拝堂はいっぱいとなりました。
 
  1970年、新宿区下落合に、より広い会堂が与えられ、教会は下落合の地に移転いたしました。
 
  1982年、教会は日本ホーリネス教団に加入しました。日本ホーリネス教団は、メソジストの創始者ジョン・ウェスレーの信仰の流れに属し、日本全国に170余の教会があります。
 
  1984年、山根恵代師(山根牧師夫人)召天。召される数ヶ月前に病を押して三鷹市井口で家庭集会を始められ、それが契機となって、三鷹の地に新会堂が建設されることになりました。
 
  1989年9月19日、創立以来30年に渡って教会を牧会してこられた山根可弌牧師が召天され、島津吉成師が主任牧師に就任いたしました。
 
  首都圏の各地からも人々が集うようになり、下落合の会堂もやがて手狭に感じられるようになりました。
 
  そのような中で、1995年11月、神の奇しいお導きにより、三鷹市井口に新会堂が与えられ、移転いたしました。 私たちは、教会堂の場所は変わっても、教会名は「池の上キリスト教会」としてきました。それは、教会堂の場所が変わり、教会の規模がどんなに大きくなったとしても、創立の精神を忘れないためです。
 
  2009年4月、広島から千代崎備道牧師が転任され、現在に至っています。
 
  これからも私たちは、地域に根ざし、愛に満ちあふれた教会の形成を目指してひたすら励んでいきたいと願っています。
宗教法人日本ホーリネス教団
池の上キリスト教会
〒181-0011
東京都三鷹市井口3-15-6
TEL.0422-33-0018
FAX.0422-33-0061